Work

【尼崎旅】ロゴ制作

先日、兵庫県尼崎市のローカルメディア「尼崎旅(あまたび)」の公式ロゴを制作させていただきました。

現在30〜40代のユーザー数が多く

  • 若年層にも認知を広げたい
  • キャッチーなロゴで「あまたび」の顔になるものが欲しい

とのオーダーをいただき制作させていただきました。

受注までのながれ

ひらばの学校でクライアントと出会う

今年の1月、「枚方つーしん」という枚方市にあるコワーキングスペースが「ひらばの学校」と題して各分野のプロのプレゼンを聞けるイベントを開催しており、そこに伺って来ました。

そこで書き初めを通してクライアントと出会いましたw(小学生の頃やってた程度なのですが、真ん中あたりに「飛躍」ってかいてあるのが作品ですw)

その時は仕事の話は全くなく、「今度ご飯行きましょう」くらいの話で終わりました。

ロゴの制作をご相談いただく

後日、「尼崎旅(あまたび)」の東さん、勝さんとともにお食事へ。そこで上記の課題を伺い、ロゴ制作のご相談→発注をいただきました。

制作過程

イメージするためにワードをだす

尼崎といえば

  • 甲子園、スポーツ→活気
  • ダウンタウン、尼神インター、安田章大(関ジャニ)輩出→おもしろい
  • 阪急、阪神、JRの便利な3路線→生活の利便
  • 北の商業地域、南の下町感→様々な顔
  • 尼崎城→伝統的
  • 工業地帯、生産の街→ものづくり
  • 人情の街→温かい地域
  • 尼崎を旅する→歩く

などなどたくさんのイメージが湧いてきます。

そこから思いつくままにかいていく。

そしてだんだん形にしていく・・・。

初校提出

上記イメージから「尼崎城」をモチーフにしたスタンプ風ロゴ
現在の尼崎のカラーである赤を用いた活気的な雰囲気のあるロゴタイプを制作しました。
▼2018年4月現在のサイトTOP

そして、初校(第1稿)提出。
ロゴを見てメンバーの方々の意見がわれていたそうです。それはどちらもお気に目していただいた故に、「どちらにすればいいのか」と迷われていたそうで、それはデザイナーとしてすごく嬉しいです。

仕上がり

そして、カラーバリエーションをお見せしたり誤字訂正を経てA+Bの合体案となりました。

クライアントのお声

納品後、クライントからメッセンジャーとtwitterでこのようなコメントを頂戴しました…!!


 

クリエイターは作成物のみならず、それ以外のコミュニケーションの部分も大事にすべきだと思っていますのでそこもご評価いただいたと思うととても嬉しいです。