コラム

上司に退職を願い出た話

先日、直属の上司に退職を願いでました。まさき(@m_msak7)です。

結論から言うと
「予感はしてたからいつ言うんかなーと思ってたよ」との返答。

周りや今までの退職志願者から
「人数の兼ね合いから引き留められた」
「起業を理由にしたらたしなめられた」
「もう少しがんばってみないかと説得された」などの意見はよく聞いていたので
結構身構えていたのですが、あっさりとしていました。でもそれはポジティブな意味で!

あまり詳細に書くと会社に迷惑が掛かりかねないので
所々省略して書きますね。

退職を伝えた際の上司の反応

上記に書いたとおり、あっさりしていました。
「そうなんか、まぁ、そうだろうねえ」とのことw

「イラストや漫画を描いて自分の個性を出せる作品(デザイン)を世に出して行きたい」と伝えると
「アート系の人は独立する人も多いし、年的にもそれくらいになると考える人は多いから」
とのこと。
「辞めると言っている人を引き留めてここにいろ。というほど未来を確約もできないし
逆に有柚の活躍を見てみたい気持ちもあるよ。それにさっきも言った通り予見はしてたしね。」
と。

あれ、結構ありがたい反応なんじゃ…!?
軽い驚きのリアクションはありましたが、「予見が当たったのか」というくらいのリアクションでした。
馬鹿にしたり叱責をしたりたしなめることは微塵もなく
そう思うのであれば頑張りなさい、と。
今まで独立・起業された方とたくさんお話しましたが
こんな反応をされた方は聞いたことがなかったので、素直にありがたいな、と思います。
(ネガティブにとらえても仕方がないので、素直に感謝しますw)

 

「自分が思う以上にがんばりなさい」

上記のような反応だったので肩の荷が下りて、
いろんな話や相談をしました。

上司「なんか今不安なことある?」
まさき「仕事が続くかどうかですね!!!」

それに対する上司からのアドバイスが
・4月まで時間はあるから自主製作をしなさい
・自分の活動範囲を狭めてはいけない
・自分が思う以上に努力しなさい
とのことでした。

上司「たまには進捗聞かせてよ」
まさき「(・ω・)ウッス 」
上司「会社の仕事をしっかり優先したうえで、余剰時間は自分への投資時間に充ててもいいから。」
まさき「(´;ω;)ブワッ 」
上司「食えなくなったら飯食わしてやるし、仕事も紹介できるかもしれないから言っておいで。」
まさき「(´;ω;`)ブワワッ 」

なんだこれ、罠なんか!?ってくらいの好待遇!!(失礼)

 

人脈は財産!!

最近つくづく「人脈って財産だなあ」と思います。
上司も背中を押してくれました。
そもそも自分が独立を考えたのも周りの方々あってのことです。
周りの人がいないと自分って変わらないんだなあ、と思いました。本当に。
周りの人に感謝しながら、1日1日がんばります。

ABOUT ME
有柚 まさき
漫画も描けるグラフィックデザイナー 1990年生/大阪在住 広島、岡山、徳島、兵庫、埼玉などを転々としており、現在は大阪市在住。広島弁ベースの関西弁を話す。(要はなまっている) 自分の強みであるイラスト、マンガが描けるスキルをもっと生かしたいと思い転職でなく、自ら仕事を開拓できるフリーランスになることを決意。 趣味は漫画、アニメ、映画鑑賞・SNS(twitter廃人)・ビジネス本を読むこと